2016年01月31日

人工知能が囲碁のプロに勝った



googleの人工知能が囲碁のヨーロッパチャンピオンに勝ったらしい。

5戦して5勝というのだから完勝といえる。

囲碁の難しさは、チェスの可能な手数10の60乗と言われているのに対して

囲碁は、10の700乗とも言われていることからもわかります。

googleが開発したAlphaGoは差し手をシミュレートするのではなく、自ら学習して強くなっていきます。

フェイスブックのAIチームも囲碁に勝つソフトウェアを開発していたようですが、googleが一歩リードしたようです。



自分で学習し、能力を高めていくというAIはターミネーターで見たことがありますが、
徐々に現実になってきているということでしょうか。
ラベル:人工知能 google AI
posted by shoge at 17:00 | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする