2016年01月18日

豚が人の臓器を作り出す



豚が人の臓器を作り出すとはなんだろか?

最近の研究では、豚の胚のDNAに人の幹細胞を移植し臓器を作り出す実験をしているらしいです。

豚が成長する過程で心臓に発達する部分を壊しておき

人のDNAを注入することで、生まれてきた豚の子供には人間の心臓が備わっているということです。



キメラというそうです。神話やゲームのなかでしか聞いたことない言葉です。

キメラというのは、自分とは異なる生物の細胞を持っていることをいうらしいです。

まさに神話やゲームのなかで見たままですね。

実際にヤマメからニジマスが生まれたという研究結果もあることから現実味を帯びてきています。




人間のDNAを持っているということは人として扱うのかという倫理的な問題も出てきます。

しかし研究者に言わせると人の細胞が動物に与える影響は少ないそうです。

ただ、将来的にはどうなるかわからないですよね。








posted by shoge at 07:00 | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。