2012年07月08日

原価の分類

形態別分類
1.材料費:原料や材料を使うことによって生じる
想像すると鉄とかアルミとか銅とかでしょうか

2.労務費:工場で働いている人の賃金
工場で働く人の給料です
3.経費:それ以外のお金
電力費とかガス代とかがそうだと思います


機能別分類
1.材料費
原材料費
素材費
買入部品費
工場消耗品費2.労務費
賃金
給料・雑給
賞与・退職手当
福利厚生費

3.経費
減価償却費
金型・治工具
賃借料
電力量
厚生費
旅費・交通費
雑費
posted by shoge at 10:00 | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

原価計算の目的は5つあります

1.財務諸表:財務諸表作成に必要な原価を集計する
株主とかに見せるんでしょうね

2.価格計算:価格計算に必要な原価資料を提供する
原価が分からなければ売値のつけようがないですもんね

3.原価管理:原価管理に必要な情報を提供する
原価を削減するとかにつかうんでしょう

4.予算編成:予算の編成に必要な原価資料を提供する
今年度はこれだけ予算が要るとかの資料にするんでしょう

5.経営計画:経営の基本計画策定に必要な資料を提供する
10年先の計画を立てたりするときは原価も必要なんでしょう
posted by shoge at 18:38 | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経済成長率TOP5


2011年の経済成長率を調べてみました。

1:カタール
2:モンゴル
3:トルクメニスタン
4:ガーナ
5:東ティモール

意外だったのではないでしょうか?
中国やインドがランキングに入っていると想像していたのですが、
ランク外でした。

ではなぜこれらの国々が経済成長率が高かったのでしょうか??

それには5国に共通したことがあるのですよ。

それは「資源」

カタールは天然ガス、

モンゴルはウランや金、炭

ガーナは石油、

東ティモールは石油、天然ガス、


やはり資源がある国が伸びているようです。



日本にも資源があればと・・・


でもある!!
それがメタンハイドレード

経済成長の起爆剤になってほしいですね。
posted by shoge at 11:22 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。