2012年01月14日

優雅な路上生活

どこの国にも路上生活者はいるものだ。

ハワイでも例外なく存在している。

ワイキキ周辺の海岸にいる路上生活者は日本と同じように自分の荷物をカートに入れ、引いて歩いていた。

常夏なため上半身は裸で、優雅にイスに座って新聞を読んでいた。

ワイキキなどのように観光でにぎわっている観光地から離れた場所に古くから住この地にすんでいるハワイアンもいるが、ここの人たちは1ドルで土地を100年借りられるということらしい。

このようなハワイアンの居住地周辺の海岸にも路上生活者の人たちは存在する。

海岸にテントが立ち並んでおり、キャンプを楽しんでいるようだが、

キャンプではなく実際に生活しているらしい。常夏の島で海の波音を聞きながら生活しているなんて優雅なものである。


ひょっとして満員電車で四苦八苦しながら通勤して生活している日本のサラリーマンより人生を楽しんでいるのではないか。
posted by shoge at 09:30| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

眼鏡市場のデジタルガードレンズ

眼鏡市場でデジタルガードレンズを買いました。レンズは完全に透明で
見え方にも違和感がありません。

光が当たるとレンズがうすい青色に光り、青色の光りを反射しているのが
外観からわかります。人間の目は、青の光に弱く、見続けると目が疲れてしまうらしい。

ブルーライトは、波長が短くもっともエネルギーが強い為網膜まで達します。

特に、パソコンを見ていたら疲れてしまう。
目が疲れてしまうと、肩こりや頭痛の原因にもなってしまうので注意が必要です。



デジタルガードレンズをつけてパソコンを見ていたら、同僚から、眼鏡に画面が反射していてコナンみたいだと言われました。本当にブルーライトをカットしているということですね。


確かにパソコンのモニタを見ていても疲れは減ったように思います。

JINSのテストでも目の疲れが緩和したという人が多くいたそうです。


また、デパートの商品を見て回ると目が痛くなり、肩がこっていたがそれがなくなりました。


他の眼鏡メーカーも探してみたが、レンズに色が入っていたり、透明の加工をしてもらうと

レンズ1枚につき数万円かかるということであきらめた。



ちなみにフレームは、FreeFitを選んだ。重さがほとんどなく快適である。




デジタルガードレンズとは


もしデジタルガードレンズなどの眼鏡をかけたくなかったら、PCに貼るだけでブルーライトをカット
できるシートが売っているので試してみてはいかがでしょうか。

少し目が楽になったような気がしますよ。

posted by shoge at 18:34| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレスのない地上の楽園??

最近ハワイに行ってきた。常時気温が安定しており、湿気も少なくてとても快適な気候だ。

住んでいる人たちも陽気で明るく親切だ。

しかも日系人が多く日本語しか話せなくても困らない。

初日にハワイに移住してきた日本人ガイドに案内してもらった。


その人は、日本を離れて30年以上になるらしい。日本に帰りたいと思わないかという問いには、帰りたいとは思わないという答えだった。

日本の通勤ラッシュもイヤだし、日本の気候についても、冬は寒いし、夏は蒸し暑いのでイヤらしい。

なぜ日本を離れたのか、離れなければならない理由があったのか。
暮らしのレベルは日本と比べてどうなのか。
すごく気になったが、きけずじまいだった。

そのほかの人たちは、結婚してハワイに来たという人たちだった。

レストランやホテルなどサービス業についてる日系人が多くいた。僕が聞いた人たちは、仕事の依頼がきたら働くという感じで、契約社員みたいなものらしい。

日本を離れた異国の地で生活していくのは大変ではないのかなと思ってしまった。

ハワイでは楽しい部分しかみていないが、実際の生活はどうなのかすごく気になった。

だけど年間3万人もの自殺者が出ている日本で住むよりいいのかもしれない。

IMG_2461.JPG
posted by shoge at 16:26| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。