2011年12月31日

アメリカの基地がなぜ敵国に存在するのか(グアンタナモ基地)

最近この基地が注目されたのは、アルカイダの捕虜が収容されて拷問されている
という記事からだ。

なぜ敵国に収容したのか、それはアメリカ国内の基地に収容すると
国内法が適用され弁護士がつくからだ。

ここでアルカイダメンバーの体に傷がつかない方法で拷問したと言われている。

水攻めであったり、24時間寝かせなかったりといった方法で拷問されたと収容されていた

アルカイダメンバーは証言している。

ビンラディンが捕まったのは拷問によって吐かせた情報による事が大きいといわれている。

話を主題に戻す。なぜアメリカの敵国にアメリカの基地があるのか。

それは、アメリカがスペインの植民地であったキューバを独立させたからである。

アメリカは米西戦争に勝利し、フィリピン、グアム、キューバなどをスペインから
自国の植民地とした。

その時キューバの独立を認める代わりにグアンタナモ基地をキューバ内に作った
といわれている。

独立直後は、アメリカとの関係性も良好であり、キューバの特産品である砂糖の売買なども行われていた。

しかし、カストロが革命を起こし国の代表に就いた直後あたりから関係性がおかしくなり始めた。

カストロが、キューバ国内にあるアメリカ企業を国有化していったからだ。

このようにしてアメリカとの関係悪化していった。
それと同時にソ連に近づいていき、社会主義国となっていった。


人気ブログランキングへ
posted by shoge at 00:02| Comment(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

ダーウィンの進化論

ダーウィンが進化論を発見したきっかけは、

ビーグル号での航海でマネツグミという鳥の標本を見比べてからだといわれている。

南米とガラパゴスで捕まえたその鳥は大きさ、羽の模様こそ違えども


同じ種のようにみえる。そこで彼が考えたのは、同じ種ではないか。
1つの種が枝分かれして、その環境に適応して変化しているという考え方を確立させた。
この考え方を自然選択説と呼ぶ。


しかし彼は進化論の発表を20年間ほど思いとどまっている。


その理由というのが聖書の存在である。
聖書には神が創造したものは普遍であるという記述がある。
種が進化するというのは都合が悪いわけだ。
彼の考えた進化論は聖書の否定であり、発表すると多くの非難を受ける。

その非難を受けてまで発表しようとしたきっかけは、奴隷制度だといわれている。

黒人は白人と違う種であるという根本的な考え方が奴隷制度を生み出した。
この制度を否定するために発表したのだ。

しかし彼の思惑とは別に利用されることになる。
優れた種が生き残っていけるという考え方は、帝国主義の台等を促し、
ヒトラーはゲルマン民族こそもっとも優れているとして、ユダヤ人を迫害した。


ところが最近では科学の進歩をも支えるようになっている。
新幹線の形状を決めるためには、ダーウィンの進化論が利用された。

コンピュータ上での進化計算によって新幹線の形状を掛け合わせていき、
最も優れた形状が採用された。

これは、優れた種が生き残るという考え方が元になっている。

このように様々な影響をもたらしてきた進化論ですが、意外なことにアメリカでは

まだ神の創造論を信じている人が40%もいるのだ。


参考になりましたらポチっと

人気ブログランキングへ


進化論的計算手法 (知の科学)
posted by shoge at 16:26| Comment(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

内部被爆について

放射線被爆には外部被爆、内部被爆があります。

内部被爆のほうが危険といわれているが、科学的には検証されていません。


内部被爆が注目されているのは、チェルノブイリ原発の事故です。

チェリノブイリ周辺に住んでいる子供から多くの甲状腺がんが発見されたことから

調査が始まり、放射性ヨウ素が原因であると特定されました。


甲状腺は、ヨウ素を取り込み、成長に必要な甲状腺ホルモンを作ります。

そのときに放射性ヨウ素を多く取り込みガン化します。


福島原発の事故では、多くの放射線が放出されました。

ヨウ素は甲状腺に集まりますが、その他にも、

セシウムは全身くまなく広がり、

ストロンチウムは背骨に集まります。


内部被爆については、まだまだ解明されていないことが多く研究結果が待たれるところです。
内部被曝の真実


posted by shoge at 12:43| Comment(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。